ヨドバシカメラとビックカメラ

こんにちは。家電屋へ行くのが大好きなモリケンです。家電量販店って楽しくてすっごく良いっすよね。

ボク、通勤でJR京都駅経由で職場に通ってるんっすけど、JR京都駅ってビックカメラが駅直結で改札とお店がつながってるし、ヨドバシカメラも地下から行けて雨にも濡れないしで、すっごくいい環境です。

特にヨドバシカメラはすごく大きくて、まあアキバとか梅田に比べると小さいけど、でもよく京都駅までこれだけの規模の家電量販店を作れたなあ、エライ!と言いたくなるほどっすよ。

ビックカメラは1フロアの売り場面積は大きくないけど、フロア数が多いから、意外と品揃えも良いんだよね。

お店が端っこのホームにあって、結構不便なんだけど、その端っこのホームってのが「はるか」っていう関空へ行くと急が発着するホームなのね。

で、どうやらウワサでは関空へ行く外国人、つまり旅行に来て帰国する直前の外国人に帰り際に買って帰ってもらうための戦略的な立地とホームとお店の連絡口いしてるとか。

うーん、なるほどね。でも帰国前に大きな買い物するかって言われると微妙な気もするけど、まあ日本製の家電が欲しい人にとっては電車の時間までにちょっとお店のぞいてみよってのはあるのかもっすねぇ。

ただ、ビックカメラで外国人みたことあんまりないけど。

家電量販店はやっぱ在庫があって、手にとって触れる展示品があるのが魅力っすよねぇ。値段はネット通販には全然勝てないけど。

ポイント入れて通販と同等って感じに最近のヨドバシなんかはしてるけど。

でもテレビとか配送と設置、箱の回収とか、旧製品の引取、なんてことになると、やっぱ家電量販店のサービスのほうが通販よりも充実してるし、やっぱり家電量販店で買うというのはなくならないっすよねぇ。

iPhoneケース買うのもやっぱヨドバシがいいな。試しつけとかできるし、種類も在庫も豊富。

iPhoneケースなんてネットで探してたらたくさんありすぎて見るのが本当に面倒。なら、ヨドバシとかでたくさんを一度に眺めたほうがいいっすよね。

これからも電気屋さんを熱く語るぜ!